今年初のユニバース倶楽部セッティング。

今年初のユニバース倶楽部でのセッティング。
今夜19時に六本木にて待ち合わせ。

初日は絶対的に誘わない私シゾン。
もう交際タイプBの女性でも充分であるので、
今回も交際タイプB狙い。

食事の好みが和食だそうで、六本木の店を予約。

女性はただの事務で、見た目は素朴。
底しれねなにか原石を感じてしまいオファー。

面接担当の方に聞くと、
「すごい性格いいんですよ、見た目で勿体ない感じです。勿論ですがオファーが貰えてません」

金持ちの道楽かもしれないが、
たまに「育てたい」みたいな欲望が発動してしまい、
その女性の変わりゆく様を見たいというのがある。

砂利の中から磨けば光るような原石を見つけて
磨いて磨いて…
時間と労力の無駄にみえてしまうが、はい。無駄なんです。

金を持つと人間はどうしても変わっていくもので、
かくいう自分もその1人ではあるが。
金や身なりが変わっていっても、性格は変わらないという女性がいいなと思ってしまう。

ということで劇的ビフォアアフターを今回試みます。

また、ご報告いたします。

シゾン


詐欺師。

交際タイプ詐欺。

そんな詐欺師よりも酷いやつがいる。

ブログ書く書く詐欺。

書くよって言っといて書かないという新手の詐欺師。

とはいえ、
充実しているのは事実。
実際事業がかなり右上がりで忙しいのもあるが、AI関係の事業が良くも悪くも結果をだしているから。
やはり海外出張を余儀なくされてしまい、ブログを書きたくても書きたくてもかけない…

はい、言い訳です。

無理しない程度に書きます。

次回は
役員と久しぶりにキャバクラに行った話をします。

シゾン


嬉しい言葉。

何度かやりとりをしてから
「シゾンさんのおかげで良い子出会えました」
っていわれると嬉しいもんです。

このブログがあったから
交際クラブに登録したと言われてわかったことがある。

「嬉しい」

影響があったんだな。
こんなブログだと言うけれど、
ステマだと疑われたことはあるけれど、

なんと言っても、
同じように楽しみたい同世代がいるんだから、
先に走る人間はしっかり伝えたいものです。

ほら、デカイ石が待ってるよ!
ほら、落とし穴があるよ!気をつけて。
ほら、右足が吹っ飛ぶくらいの地雷ありますよ!
そんな交際クラブの危険性を後ろに走ってる人たちに伝えたい。

ユニバース倶楽部というか交際クラブのセッティング。
リスクがあることを。
でも失敗の中にある幸せがあるから、
やめられないんですよ。

交際クラブ中毒にかからないよう割り切りましょ。

失敗は、成功のためにあるんで。

シゾン


あけましたね。2018年。

家族旅行から帰ってきて、クラブ用携帯をみたらいっぱい連絡がきていた。

さらに嬉しいことに、ブログからの問い合わせや相談のメールがきていた。
すぐに返事して出せずすいません。
ちゃんと返事をだすのでお待ちください。

それにしても、継女子達は…どんだけ金がないんだ?
という疑問になる。

明けましたが、めでたさはないので「おめでとう」なんていえません。
何故なら仕事や打ち合わせがたんまりとありますので。

さて今日から頑張ります。

シゾン


今年も終わり。

今年は
そんな交際クラブに依存してなかった気が…

来年はもう少し使おうか。

今年はブログもそこまで更新せず。
なので、来年はしっかりかきます。

またメールお待ちしてます。

シゾン


クリスマスイブ。性なる夜?

はい。

家族といます。

家族以外といたら、そりゃ怒られます。
継女子さんからはいっぱい連絡きてます。
今日はスルーします。
申し訳ないが。

パパ活してる子達は、
基本的にサンタだと思ってるなら大間違い。

ってのぞみちゃんがトナカイのコスプレした写真をラインで送ってきた。

…素直にかわいい。

はい、実の娘達のクリスマスプレゼントがかなりの金額になってしまうという事実。
これからはわがままな娘達には社会の厳しさをしっかり伝えていこう。

今日だけは甘えさせておく。

…継女子達はなにを求めてくるか非常に非情に怯えてる自分がいます。

シゾン


ファーストレディで忘年会。

この前永井くんが担当するファーストレディを頼んだ。

今回は自分と役員7人と取引先の社長3人の忘年会。11人。

ファーストレディの女の子も11人。

大量の女性用意できんの?

って思ったんだが…あっさりと用意する永井くん。

待ってましたと言わんばかりで。

結構ノリがいいし、交際クラブにはない感じの女子ばっかりで。

なにより「飲みだけ」って話だから

女の子たちの気軽さもある模様。

交際クラブの女子なら

「この後誘われるのやだな…」

っていうような明らかに顔に出るが、ファーストレディの女性はギャラ飲みという形で雇われている身だから、誘われるようなこともないというので安心さもあるんじゃないのだろうか?(シゾンの独自の観点)

キャバクラよりいいのは、

自分たちで店を決められるのがいいのかな?

会員制のカラオケとか、

食事も予約したりとかだけど、美味しい食事食べながらとかの方がいいから

最近は専らキャバクラよりファーストレディか、ユニバース倶楽部の継女子と会うかになる。

なんとも可愛いのはいいけれど、少なからず悶々としてしまうような役員は、ユニバース倶楽部で会った継女に連絡してファーストレディ忘年会が終わった後に会うという。

殺風景なオヤジの集まりじゃ絶対にいやだし、来年の新年会でも使おうかと。

何人集められるか永井くんとの戦いになる気がしてしまうけど。

以前可愛い女の子が大好物な女性社員がファーストレディの女の子と意気投合した話をしたが、その女性社員に今回の忘年会の話をしたら…

「社長!なんで私を呼んでくれなかったんですか!」

と激怒してた。

ごめんね。

シゾン


のぞみちゃんからのライン。

のぞみちゃんが
「私が奢ります」
と。

食べたいものを教えてと言われたんで、
「お魚が食べたいです」
とのぞみちゃんにラインで伝えたら…

わかりました!と連絡が来て、
次のラインが来て唖然としました。

「私、釣ってきます!」

…なんだ。のぞみちゃん。
真冬だよ?

シゾン


人材の難しさ。

会社の受付嬢の子が寿退社をする。

まぁまぁうちの会社の規模にしては離職率は低い。

日々声をかけるようにしたりしてるからか。

送別会も豪勢にしたいと思い、ディナーを予約。

受付嬢に限らず、人材というのは、なかなか集めるのは難しい。そして育つのも時間はかかるもので。いつ化けるのか、化けないのか、裏切るのかも解らない。

赤の他人の人生を左右する、社長にとって一番の博打である。

交際クラブで会った女の子も良い子はいるが…雇ったりはできないな。

なにかが起こりそうで怖いんで。

シゾン


手切れ金6,000,000円。

愛おしくなるような出会いはあるものか?

それは完璧に割り切っていないものだから、危ない。

本気にはならず、浮気とも言い難い。

互いに割り切ってるんだから、

後追いもしたいとも思わないし、

されたいとも思わない。

でも今まで話していなかったが、

一人だけ居た。
相手がこちらに対して本気になったケース。
本気というのまジャンルが違う。

「私と別れるならマスコミに全て話す」

という最高の殺文句を言い放った女性。

何か私シゾンの情報を手に入れて、明らかな金づるだと判断したから切られることを恐れた模様だろう。

こちらの至極正当な話を聞かない。

ヒステリックになると

「別れたくない別れたくない」

と言い出しす。

「金づるだから別れたくない」

と聞こえた。

結果別れるくらいなら

むちゃくちゃな手切れ金を求めるという楽しい女性だった。

その金額6,000,000円。

払えない金額ではないが、払うつもりなんか一ミリも無いので書面にして請求してもらおうと思い、送ってくれと頼んだ。

そこから一切の連絡がない。

まだ、6,000,000円の請求が来ない。

早く送ってきてくれたらいいのに。

払うつもりないけど。

どんな形で、どんな内訳で6,000,000円を請求するのかを見たくてみたくて。

25歳が知り合いに聞いたりして

絞りに絞ったような内容なんだと思うだが。

まだ一年経っても来ない。

マスコミにばらす!

というのも、マスコミからの取材もきやしない。待てど暮らせど、誰も来ない。

取材がきたら是非交際クラブの素晴らしさを語りたい。

嫁がそんな記事をみたら

「あなたらしいね」と蔑んだ目で見るのかもしれない。

脅すならもっとマシに脅してもらいたいものだが、結局のところ。

25歳の女性が50超えた経験とネットワークが豊富なおじさんを脅すとなると、それ以上のアビリティがないと絶対に超えられない。

最悪国家権力を使うというのも粋な方法かもしれないけれど。

交際クラブで

本気になるのは女も男も良くはない。

後腐れない関係が一番でしょう。

シゾン