カテゴリー: 交際オヤジのつぶやき

シゾンと会いたい…は諦めて下さい。

ゴールデンに出来ること。

この大型連休どこに行ったとしても…人混みで身動きがとれないものだ。

海外に行くこともいいが、娘達とも日程をあわせてGWから外した日程で旅行にいくことにした。
 

家のPCから、遠隔操作で自分の会社PCに入り込んで倶楽部専用のLINEなどの返信をする。

継女子たちからすごいLINEの数。

 

GWを外した日程で連絡がたくさんくる。
 

ちなみにですが…最近女性から「お会いできませんか?」と連絡をしてくる女性が多発しております。

申し訳ありませんが、どこか倶楽部に登録しているならそこで色々確認をとった上でオファーをするつもりですが。。。

ユニバース倶楽部なら登録しているしオファーするかもしれません。

自分の好みに合えばということですが。
 

でも、そもそもがこの自分のサイトを通して会うつもりはありませんので。ご勘弁ください。

このブログを見て交際クラブとかデートクラブっていうのがどういうものかを考えてもらいたいだけで。男性にはとっては有益な話になると思います。

自分を真似て交際が順調にいってますよ
という話を聞くと嬉しいもので。
 

女性から会いたいとか会わないというのは…求めていないので悪しからず。
諦めてもらったほうがいいです。

必死にメールを返していますが、届かない人がいると思いますけども。

kosaioyaji.com

 

これが受信できるようにしておいてくださいね。

 


シゾン


シゾンの死生観。

死んだら何が残るのか?

 
 
 
 

先日

 

ある動画をみて、

 
 

生前整理。断捨離をしなければいけないと思った。

 
 
 
 

過去に家族の遺品整理をしたときは、もう業者に頼みたい!って思ったほどだった。

 
 

会社の規模も大きいし、相続的なのにも考えなきゃいけないのだが…

 
 
 
 

一番気にしているのはなによりもプライベートのことだ。

 
 
 
 
 

自分に何かが起きた時、

 
 

この倶楽部用携帯が発覚した際、うちの嫁はなんと思うだろう?

 
 
 
 

社葬なんか嫌だから、昔から家族葬を希望している。

 

とはいえ嫁はたった数人が出席する葬式で暴れまわるんじゃないの?という想像しか出来ない。

 
 
 
 

死んだ後のことを考えると怖いなぁって思った。

 
 
 
 

セキュリティがあるスマホとはいえ…

 
 

まだ、闘病で病魔と闘ってるような感じなら自分でこのスマホをなんとか出来るものだが。

 
 

急死はきつい。物理的に無理だ。

 
 
 
 

もしそうなった場合は

 
 

生きている間に

 
 

一番信頼できる人間に

 
 

「自分に万が一なことがおきたとき、この倶楽部用スマホをありとあらゆる方法でこの世から消滅させてくれ」

 
 

と頼むしかない。

 
 
 
 

生前断捨離をするとなると大変なもんだな。

 
 

亡くなったあとに継女たちは…

 
 

「あぁ、シゾンさん着拒もブロックしたんだな」

 
 

としか思わないんだろう。

 
 
 
 

一人だけ伝えて起きたい。

 
 

のぞみちゃんだ。

 
 

弁護士から伝えてもらおうか。

 
 
 
 

女性の断捨離も大変気持ちいいもんだ。

 
 
 
 
 
 

生前に色々後のことを考えると尽きないもんだ。

 
 
 
 
 
 

シゾン


自己満足の極み

家族サービス中にブログを書くという状況。
一見嫁から見たら家族より仕事みたいに見えるけれど、蓋を開けて見たら交際ブログ。

まず嫁には毎月遊べるだけの金額は渡してるし、生活費も充分に渡しているので、文句の言いようがない環境にしている。

地方へのオファーを多くしてるのは、やはりバレたら怖いからというのもあるから。

矛盾しているかのように…六本木スタジオ(愛の巣)も着々と動き始めてる。
契約した後は、インテリア関係の仕事をしてる継女と今度インテリアを見に行こうと思う。

誰のため?
と言われたら…
自己満足を極めるためだろう。

シゾン


地方の交際タイプBは、大穴である。

ユニバース倶楽部を利用する上で

 
 

地方が色々あるが、

 
 

実は地方の交際タイプBというのが大穴が気がする。

 
 
 
 

横浜,千葉、大宮。

 
 
 

基本自分が都内なんで。

 

都内待ち合わせにするが、彼女たち的には早く帰りたいみたいです。

 
 
 

18時か19時で待ち合わせすれば交際タイプBであれば食事なんで21時には解散するんで、彼女たち的にはラッキーだろう。

 
 
 

地方は意外な掘り出し物がたくさんあるし、

 
 

地方スタッフさんから聞いたら

 
 

「オファー一件もありません」

 
 

という始末。

 
 
 
 

スタッフさんも女性にセッティングつけてあげたいから、結構推す。

 
 
 

実際に会うと…意外に写真より可愛いし、女性もオファー貰えて嬉しいみたいで結構いい雰囲気がでる。

 
 
 
 

「スタッフさんからオファーは気長に待ってくださいと言われて、ずっと待ってて、今日いただいたのが初めてなんです。」

 
 
 
 

とセッティングが本当にゼロだったという。

 
 
 
 

地方の交際タイプBの所感は…

 
 
 
 

慣れない交際クラブに登録して、

 
 

最初のセッティングでは部屋に行くのは怖い、

 
 

怖いけどオファーが欲しい、

 
 

欲しいけどスタッフさんからは気長に待てと言われ、

 
 

切ないままにオファーを待ち続けて、

 
 

やっと貰えたオファーの相手はBでも構わない男、

 
 

もう二度とオファーがないなら仲良くしようと必死になる、

 
 

結果自分を頼ってくる。

 
 
 
 

という流れになりやすいという結論になる。

 
 

中には擦れてる人はいるけれど。

 

オファーをありがとうと思ってくれる女性のほうが会いがいがあるんじゃないかと。

 
 
 
 

※個人差があります。

 
 

※ただのシゾン個人の感想です。

 
 
 
 
 
 

シゾン


愛の巣。

のぞみちゃんとごはんを食べたときの話。

「最近ユニバース倶楽部からオファーって来てる?」

「来てます。でも日程をあけられなくて。会えてないです。シゾンさんは?」

「ん〜、なんかガツガツしてる子が多いね。会っても面白いと思えないな。」

他の子、他の男性が気になるわけじゃないが、普通に聞いて普通に答える2人。

まず、のぞみちゃん的には

「オファーは受ける。セッティングしたら会う。お手当貰う。」

っていう形ではまだすごすつもりらしい。
最初に会った時に話していたことを思い出した。

「今出来ることをしておきたくて、後で後悔したくないから」

 

らしい。
彼女の夢などもあるし、彼女が考えていることを助けてあげたい。そんな気持ちにさせてくれる子だから。
この子以上の女性とはまだ巡り会えてないのが事実。


たまに、
お互い嫉妬してしまう所がなんとも言えなくおかしい。
 

以前ブログに書いたか覚えてないが、
今回密会部屋を借りようと思う。

(一部の方にはメールで話しました)

撮影スタジオとして、自分の書斎もありきの部屋。
行き来しやすいように六本木のタワーマンションもいいなと。
 

こんな部屋にしたいなぁなんて思っている。


既にユニバース倶楽部に入会してる不動産会社の社長と内見。
 

話をその社長にしたら、

「そこまでする?!」

 

と。
今日はファミリーデーなんで、

明日は愛人と密会部屋の物件見に行きます。
 

今日は嫁や娘がお好み焼きが食べたいという希望があるみたいで、材料を買いに行く。


シゾン


新潟県知事の米山 隆一氏が会っていたパパ活アプリ

米山 隆一氏よ。
何故交際クラブを利用しなかったんだろう?

アプリやサイトなんて、噂を聞きつけたらそりゃ記者が仕組んでるに違いないだろう。

知事としてのネームバリューもあるし格好の的であるから、口の軽い女性によるリークで今回バレたんだろうなと。

女遊びをする側のオスとしては、
リスクを承知の上での利用を心掛けなければならない。
ましてや、出会いアプリやサイトを使うなんざ
「私をリークして」
と言わんばかりだろう。

秘密を暗黙の了解で守れる理解力のある相手をしっかり見極めたいものだが。

なによりも今回の記事を見て

新潟の相場は3なの?!

と驚いた。
 

まぁ、交際クラブに女性記者が入り込んでたら面白い話しになるけれど。

会見で米山氏は、3、4年前から知事就任後の16年12月にかけ、出会い系サイトで知り合った複数の女性と金銭授受を伴う交際関係があったと述べた。1回につき数万円を渡したという。違法性について、双方が独身であることなどから「問題ないと自分に言い聞かせていた」と話す一方、倫理的に「売買春と取られても仕方ない」と述べた。(毎日新聞)

 あぁ。交際クラブも問題ないと言い聞かせてる自分がいる。

ただ、これは公共の人間であればあるほどやはり注目されるんだろう。

一社長であれば「また、あの人遊んでる。」っていう感覚であるのに、県知事という立場であれば独身でも叩かれるということなんだと。

絶対に県知事にはならない

 

と心に決めたニュースだった。

 

シゾン


18歳の子に50のオヤジの価値観を理解させる。

あるうちの会社の役員がユニバース倶楽部を利用し

 

セッティングした。

 
 

女性とは

 

1回目は通常通りで終わり、

 

2回目から何故かいきなりいい加減になった。

 

40分くらい遅刻して来たという。

 
 

その役員は激怒し、1時間も説教してしまうということだった。

 
 

ただ相手は18歳。

 

役員は50歳。

 

親子レベルである。

 
 

まだ、大学生が会社役員の時間の価値観を理解することができるかは不明だが。

 

なによりも激怒するほうもするほうだなと。

 
 

理解するには経験が必要なのか。理解力なのか。

 

果たして男性側の傲慢なのか。

 

彼女達にとっては割りのいいバイトであるかもしれないが、わきまえてくれる女の子はやはり好感度が高いのは事実。

 
 

女性は女性で

 

嘘でもいいから

 

「貴方の時間の価値観を理解できてなくてごめんなさい」

 

に似た一言があるだけでも違うんじゃないかと思う。

 
 

男性は男性で

 

傲慢な態度は相手が怖がる場合もあるから、

 

心広く保ちつつ

 

「こういうのは今のうちに治しときなよ?後で困るよ。癖付くと」

 

と諭して言うくらいがいいし。まず待ち合わせ時間に遅れるようなタイプなら切るか、待ち合わせ時間を早めに設定するのがいいかもしれない。

 
 

継続している女性は

 

何故か遅刻はない。(人身事故などの遅刻を除く)

 

理解力がいいのか。

 
 

待ち合わせ場所は本屋にしたりすると

 

たとえ時間遅刻してもじっくり時間潰しやすい。

 
 

まず、女性も仕事してたりするし遅刻は大目に見るようにしてます。

 

臨機応変に。

 
 
 

シゾン


毎週土曜日はファミリーデー

今からインテリアと服を見に行きます。

 

娘の運転手として。

 
 

嫁はお友達とお出かけである。

 
 

娘がバイトしたお金で買いたいものがあると言い出し車を出すはめに。

 
 

娘がドラマ『パパ活』を見ていたらしく、

 

「あ、渡部篤郎さんならいいなぁ。」

 

と言い出していたのだが。

 
 

娘と歩いてたら、そもそもパパ活のパパに見られてしまいそうだが。

 

親子だ。れっきとした親子。

 
 

助手席を見たら、今日の娘の服装は単純にパパ活してる女の子みたいな服装だから余計にだ。

 
 

あと、ユニバース倶楽部の女の子と会ってるせいか

 

女性のブランドに詳しくなってる自分がいる。

 
 

うむ。

 

娘とは仲がいいほうなんで、色々流行りを聞いて日々勉強である。

 
 

シゾン


他人に喜ばれること。

他人に喜ばれることはとても嬉しい。

 
 

ユニバース倶楽部に貢献が出来てしまって、随分とステマ扱いされてきたんだが、

 

実際色々な相談を受けてお話していると…さまざまな悩みがあるみたいですね。

 
 

皆さん悩みは尽きないもんで。

 
 
 

男女共に特に一番の質問は…「お金」です。

 
 
 

答えがないもので、人それぞれが正解なんだが。

 

やはり

 
 

シゾンさんのおかげで

 

いいパパに会えましたとか、

 

とびっきりのいい女子に会えましたとか。

 
 

このブログみてよかったという嬉しい感想貰えると嬉しい。

 

仕事で社員が成功を掴んだくらいの喜びはある。

 

嬉しいです。

 
 

またメッセージください。

 

(未だ返信できてない方すいません。順次返していきます…気長にお願いします。)

 
 
 

シゾン


騙すなら騙し続けて欲しい男心。

価値を見出すためにできること。

 
 

それは「騙し」。

 
 
 
 

大体会った女の子のお手当の平均は「4か5」くらい。

 
 

高い子は高いけど。

 
 
 
 

でも中には外見や性格とお手当が見合わないような女の子だっている。

 
 
 
 

2時間ちょいで見分けるのは難しいもので、だから初日は何もしないでいることが一番。

 
 
 
 

ガツガツ系は自分から誘う

 
 

→本当にお金に困窮しているんだろう。

 
 
 
 

誘われなくて良かったと安心する

 
 

→交際タイプ詐欺?という疑いがあるが、好感度は上がる部分もある。

 
 
 
 

飲んでる時から甘えてくる

 
 

→慣れてる感満載?という疑いがでる、嬉しい人には嬉しい。

 
 

でも本心は、パパ活で稼ぎたい気持ちが高いんだろうねと又々疑う。

 
 
 
 

疑ってばっかりだが、やはり女性の心情を推理するのもある種の楽しみでもある。

 
 
 
 

騙すなら騙し続けて欲しい男心。

 
 
 
 

シゾン