日別: 2017年12月15日

手切れ金6,000,000円。

愛おしくなるような出会いはあるものか?

それは完璧に割り切っていないものだから、危ない。

本気にはならず、浮気とも言い難い。

互いに割り切ってるんだから、

後追いもしたいとも思わないし、

されたいとも思わない。

でも今まで話していなかったが、

一人だけ居た。
相手がこちらに対して本気になったケース。
本気というのまジャンルが違う。

「私と別れるならマスコミに全て話す」

という最高の殺文句を言い放った女性。

何か私シゾンの情報を手に入れて、明らかな金づるだと判断したから切られることを恐れた模様だろう。

こちらの至極正当な話を聞かない。

ヒステリックになると

「別れたくない別れたくない」

と言い出しす。

「金づるだから別れたくない」

と聞こえた。

結果別れるくらいなら

むちゃくちゃな手切れ金を求めるという楽しい女性だった。

その金額6,000,000円。

払えない金額ではないが、払うつもりなんか一ミリも無いので書面にして請求してもらおうと思い、送ってくれと頼んだ。

そこから一切の連絡がない。

まだ、6,000,000円の請求が来ない。

早く送ってきてくれたらいいのに。

払うつもりないけど。

どんな形で、どんな内訳で6,000,000円を請求するのかを見たくてみたくて。

25歳が知り合いに聞いたりして

絞りに絞ったような内容なんだと思うだが。

まだ一年経っても来ない。

マスコミにばらす!

というのも、マスコミからの取材もきやしない。待てど暮らせど、誰も来ない。

取材がきたら是非交際クラブの素晴らしさを語りたい。

嫁がそんな記事をみたら

「あなたらしいね」と蔑んだ目で見るのかもしれない。

脅すならもっとマシに脅してもらいたいものだが、結局のところ。

25歳の女性が50超えた経験とネットワークが豊富なおじさんを脅すとなると、それ以上のアビリティがないと絶対に超えられない。

最悪国家権力を使うというのも粋な方法かもしれないけれど。

交際クラブで

本気になるのは女も男も良くはない。

後腐れない関係が一番でしょう。

シゾン


時間の価値観が厳し過ぎる自分。

かなり好みな感じの女性が登録した模様で、

早速オファーしようと思ったが、

まず情報が欲しいな…

って思いユニバース倶楽部へ電話。

「この子はどんな感じ?」

と聞くと、

「正直顔は申し分無いんですけども、性格に難がありまして。ぶっちゃけやめた方がいいです。」

と言われた。

そう、ハッキリ言われた方が心地よい。

どうでもいいセッティングなんざしたくない。

セッティングともなれば支払いが発生するもんだから。

無駄な時間を過ごすよりも

意味ある時間を過ごしたいんだから。

よくスタッフにする質問で、

「この子、面接に遅刻した?」

って聞いたりする。

電車の遅延はしょうがないとしても、面接でさえ遅刻するような人間がセッティングでしっかり来るなんてことはあり得ないと考えてるんで。

遅刻してるその時点で男性側なめてる。

時間にルーズな女性は、何やってもルーズであるのは間違いない。

どんな可愛い、綺麗な女性であれ。

一番怖いのが、遅れても何一つ謝罪の言葉もない場合の女性。

もう、ここまで来ると逆にカッコイイ。

この女性中心に世界が回ってしまってるんじゃないかという錯覚に陥る。

出来ればスタッフさんにはしっかり聞いて貰って、時間への価値観を植え付けて貰いたいものです。

相手にもいい気持ちでご飯を予約したりしてるのにな…って思うと尚更。

もちろん自分が遅刻したりしないように気をつけてますが。

時間にだけは厳しいんです。

ほんと不可抗力なものは致し方無いのですが、そもそもが遅刻魔はセッティングしてほしいとは思わない。

女性の皆様。

もしシゾンらしいような男性からのオファーを受けた場合は、時間にだけは気をつけてください。

っていうことでまた別の女性探しでパソコンとにらめっこ。

シゾン