日別: 2018年7月5日

ユニバース倶楽部やめたよ?だけれども。

タイトル見たら自分が辞めたような話になりますが、全然違います。

 
 
 

付き合いの長い継続女子の話を聞いてたら、

 
 

「男性から倶楽部辞めろって言われた」

 
 

と言っていた。

 
 

ふむ。

 
 

男性に言われた通りにユニバース倶楽部辞めたとしても、実際に掛け持ちをしている女性の方が多い。

 
 

とくに東京や大阪は沢山の倶楽部が存在するし。

 

ユニバース倶楽部だけしか登録してないってのは嘘なんだと思ってる。

 

掛け持ちしちゃいけない倶楽部もあるみたいだが。

 
 

目が眩んだり、いっぱいパパを欲してしまえば、

 

いまよりもいっぱいオファーが欲しいのであれば、

 

いくらでも倶楽部を掛け持ちするもんだろう。

 
 

リッチなオジさんに会えると思ってるから、いくらでも都合があえば登録する。

 
 

「ユニバース倶楽部辞めたよ!」

 

というのは、

 
 

「貴方のために倶楽部辞めたんだから、貴方としか付き合ってないんだし。マネー交渉するからね」

 
 

の意思表示でもある気がする。

 
 

貴方としか、

 

貴方だけだから、

 

前より値上げで月●●万はください。

 
 

辞めました、

 

もう誰とも付き合ってない。

 

倶楽部の女性の言葉は全て嘘だと思って疑いの目でみつつすごす。

 
 
 

ちなみに倶楽部を辞めて貰いたいなんて思ったことはあるが、辞めてくれなんて一度も言ったことがない。

 
 
 
 

ただ言いかけそうになったのが、「のぞみちゃん」だけ。

 
 
 
 

「そんなの嘘だらけじゃないか」という気持ちになるが、実際には嘘ついているのは自分もだ。

 
 
 
 

シゾン


好きと言う感情は無にする。

好きというのは、

 

2人きりの時以外は完璧忘れるべきだろう。

 
 

2人でホテルにいて、

 

お互いが持つべきものはある。

 

壊したくない環境や大事な人間がいるんだと。

 
 

相手の女子が、彼氏がいないわけがない。

 

いる前提で、彼女たちは割り切るわけだ。

 
 

本気になるのにはリスクがつきまとう。

 
 

割り切ることが、お互いの幸せなんだ。

 
 

ガチ告白されたあの子にとって付き合いたいという気持ちがあるにせよ。

 
 

いまはお互いを潰しかねないから

 

断りました。

 
 
 

男には遊びの延長線だから。

 

自分はそう思います。

 
 
 

割り切る。

 

これが交際クラブじゃないでしょうか?

 
 
 

シゾン