愛おしくなるような出会いはあるものか?

それは完璧に割り切っていないものだから、危ない。

本気にはならず、浮気とも言い難い。

互いに割り切ってるんだから、

後追いもしたいとも思わないし、

されたいとも思わない。

でも今まで話していなかったが、

一人だけ居た。
相手がこちらに対して本気になったケース。
本気というのまジャンルが違う。

「私と別れるならマスコミに全て話す」

という最高の殺文句を言い放った女性。

何か私シゾンの情報を手に入れて、明らかな金づるだと判断したから切られることを恐れた模様だろう。

こちらの至極正当な話を聞かない。

ヒステリックになると

「別れたくない別れたくない」

と言い出しす。

「金づるだから別れたくない」

と聞こえた。

結果別れるくらいなら

むちゃくちゃな手切れ金を求めるという楽しい女性だった。

その金額6,000,000円。

払えない金額ではないが、払うつもりなんか一ミリも無いので書面にして請求してもらおうと思い、送ってくれと頼んだ。

そこから一切の連絡がない。

まだ、6,000,000円の請求が来ない。

早く送ってきてくれたらいいのに。

払うつもりないけど。

どんな形で、どんな内訳で6,000,000円を請求するのかを見たくてみたくて。

25歳が知り合いに聞いたりして

絞りに絞ったような内容なんだと思うだが。

まだ一年経っても来ない。

マスコミにばらす!

というのも、マスコミからの取材もきやしない。待てど暮らせど、誰も来ない。

取材がきたら是非交際クラブの素晴らしさを語りたい。

嫁がそんな記事をみたら

「あなたらしいね」と蔑んだ目で見るのかもしれない。

脅すならもっとマシに脅してもらいたいものだが、結局のところ。

25歳の女性が50超えた経験とネットワークが豊富なおじさんを脅すとなると、それ以上のアビリティがないと絶対に超えられない。

最悪国家権力を使うというのも粋な方法かもしれないけれど。

交際クラブで

本気になるのは女も男も良くはない。

後腐れない関係が一番でしょう。

シゾン