交際タイプAは「完全な食事だけ女子、その他発展性ゼロ」という内容である。

 
 

うちの役員連中は基本的にC女子しか選ばない。

 
 
 
 

Aというのに発展性がないからであるんだが、寧ろそこにフォーカスしているのが私だ。

 
 
 
 
 
 

半年以内でそういう関係になれるかどうか?

 
 

頑張って魅力を出して、加齢臭にも気をつけて、身だしなみも。

 
 
 
 

交際タイプAさんが振り向いてくれるように頑張ってみる。

 
 
 
 

もちろん無理やりではなく、相手から言うような流れにしたい。

 
 

そんな意味のわからない目標を立てて、今回Aの女子にオファーし、セッティングしてみた。

 
 
 
 

六本木ヒルズで待ち合わせ。

 
 

ヒルズから申し訳ないが…タクシー移動。

 
 

(事前に移動するかもとつたえてもらったのでスムーズ)

 
 
 
 

鉄板焼きのお店(彼女の希望)に到着した。

 
 
 
 

今回の女性について、あまり特定されたらいやなんで。

 
 
 
 

交際タイプAのOLさんというだけで。

 
 
 
 
 
 
 
 

ユニバース倶楽部選んだのは、「パパ活」ってドラマを見ていたらしい。

 
 
 
 

わたしにも出来るかな?

 
 
 
 

程度らしいが、面白いのは経歴だった。

 
 

(書くとまずいので書きません)

 
 
 
 

それにしてもメディアの影響は大きいんですな。

 
 
 
 

全然オファーがなくてやめようと思ってたらオファーがきたらしい。

 
 
 
 

本人も

 
 

「やっぱり怖いんですよね。オファー少なくていいから…とは思ってたけど、やっぱり男性の方はその先を目指しますよね。」

 
 
 
 

と思いつめながら

 
 
 
 

「でも、怖いです。」

 
 
 
 

とハッキリいうタイプだった。

 
 
 
 
 
 

可愛らしさもあり、あどけない表情もあり。

 
 
 
 

ただの食事であり、うちの女性社員とご飯食べたっていう感覚で終わった。

 
 

ガードはかたい。

 
 
 
 

週一でご飯食べませんか?

 
 

と言うと、

 
 

「是非」

 
 

と二つ返事。

 
 
 
 
 

シゾン