「のぞみちゃんとの別れ」

 
 

により、数多くのメールや問い合わせなどをいただき、さらには励ましのメールなど頂きましてありがとうございます。

 
 

ただ、凹んでないのが事実であり。

 

むしろ新しい出会いに躍起になっています。

 
 

別れがモチベーションを高めると言っても過言ではないくらい。

 
 

実際なところ、のぞみちゃんの存在がデカかったのは否めませんが、のぞみちゃんが居なくなったことで、見えない景色が見えるようになった節があります。

 
 

あと、別れのラインがきた当日は

 

少し落ち込んでいたようで、嫁や家族に

 
 

「なんかあったの?」

 
 

と言われたという、鬼畜な結果も。

 
 

やはり失ってから気付いたこともあり、失う前になにか出来たのかというと出来ない案件であったのは言うまでもありませんが、

 
 

なにより屑なのは、

 
 

「愛人の件で凹んだ自分を、なにも知らずに心配する家族。それに気づいてしまう自分」

 
 

です。

 
 
 

ろくでもない経営者。

 

いや

 

ろくでもない人間ここにありです。

 
 
 

忘れようとして、連日オファーをしていて、ユニバース倶楽部に貢いでいるシゾンでした。

 
 
 
 

シゾン