家族サービスの為ブログお休みしていました。

自宅での仕事を余儀なくされている昨今、正直こういった家族サービス的な時間も必要になるものである。

土日はおとなしく家にいるということも第一に考えないといけないので。

 

過去の話になってしまうが、お金要らない女子というタイプのメリットとデメリットがある。

 

その女性は28歳のOL

見た目はかわいらしさもあり、クールビューティーも兼ねそろえているような女性であった。

さぞお手当は高いのだろう?

と思いきや。。。。

 

 


3で
 

 

 

ということだった。

まぁ月30っていう意味だろうとおもったら、都度3だという。


「君みたいな女性が、そんなお手当なの?なにかあったのかな?」
 

と聞いてみると、全然理由はなくただ「セックスが好きなだけ」という。

 

数回会った際に言われた言葉が衝撃的だった。

 

「もうお金要りません。」

 

ん?と思った。

お金の要らない女性…経営者なのかな?と思ったら、そういうわけでもなく。

怖いのが病気である。たまに何かの腹いせのようにセックスをして性病をまき散らす女性がいるという。

ただコンドームも正常に使い、性感染症に対しての危険性は分かっている女性であり、それが違うんだなと思う。


ふたを開けてみたら。。。

 

セックスに対しての欲望が人よりも激しく。

別にお金に対しては生きていけれる分があればいいというタイプでした。


それに対する対価を要求もしないので、楽ではあるが。これこそセフレである。
 

セックスを第一に考えてしまうので、男性のもとめるドキドキ感っていうのはあまり感じられなくなってしまう部分があるかもしれない。


シゾン