沖縄に行こう。

シゾンです。
今度実地調査を含めて、役員と社員と自分で沖縄に行こうという話が出ている。

 

ふと見ると、
ユニバース倶楽部の沖縄があるみたいで。

おぉ…まだ女性は少ないみたいだけども、ほんと展開がユニバース倶楽部は早いなって思う。

1日プライベートで遊びたい日を作ったので、沖縄の観光も兼ねてデートっていうのも有りかな。

そう思ったのでユニバースの沖縄にLINEで問い合わせてみた。

返事はこんな感じ。

「オファーしてもらえる女性に一応確認させていただきます。
そういうデートが女性がOKなら問題ないかと思います。
観光もってこい!っていう女性は○○○○さんが一番オススメです!」

と沖縄のスタッフさんからの連絡を頂いた。

面白そうなので、お願いしてみようかな…。

パパ活したい沖縄の子って居るんだと思った。

もうちょっと女の子増やして欲しいけど厳しいのかな?

シゾン


全国交際クラブ協会に入会しましたよ。

先日全国交際クラブ協会というところに入会しました。

全国交際クラブ協会

こちら。

もう見てる方いると思うが。

 

この前面白半分に問い合わせしてみて、実際に入会。

シゾン、なんかの回し者?
と思わせてしまうかもしれないけれど。

 

実は、問い合わせして、シゾンと名乗ったら協会の方からも「ぜひ入って欲しい」と言われた。

 

…ある程度このブログにアクセスがあるからなのか…?

なんにしても、自分としてもここの協会の情報はとてもおもしろい。

自分を出しすぎだろと思われがちですが、この際面白いので。

まだ出来上がったみたいなので、情報は少ないけれども、何かの足しになればいいかなとレビューを書いてみました。

最近見て面白いなと思ったのこの記事。

「平均お手当相場インタビュー調査」

それで、

「衝撃のデータ バストカップ別お手当相場平均」

っていう記事を見て吹き出した。

どんだけ調べ倒したのか?と思ってしまう。

「バストサイズとお手当は相関関係にある。」

この言葉はなんだか頷けてしまった。

青山プラチナ倶楽部を最初に使用した時のことをレビューを書いてみた

青山プラチナ倶楽部 20代半ば 受付事務 Rさん

このレビューが誰かの目に留まるならいいかなと。

 

「最初のセッティングはお食事のみ」

 

を実行に移した最初のセッティングである。

そんな普通じゃない歪んだ交際クラブの利用の仕方で満足している自分が

セックスについて書いてしまっている自分。

こんなにもセックスについて書き込んだのは初めてかもしれない。

一度アメブロで「セックス」について書いてみたら…

「シゾンさんは書かないで!」というイメージを与えてしまったことを思い出した。

でも二回目以降でもやはり自分は男なので。

赤裸々に書いてみました。

このブログをご覧になっている男性陣、女性陣皆さんもここの協会レビューを増やしていってほしい。

今交際クラブに登録している方は、問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

あしながおじさんにも登録してみようかな…と思ってる自分です。

 

シゾン


18歳の子に50のオヤジの価値観を理解させる。

あるうちの会社の役員がユニバース倶楽部を利用し

 

セッティングした。

 
 

女性とは

 

1回目は通常通りで終わり、

 

2回目から何故かいきなりいい加減になった。

 

40分くらい遅刻して来たという。

 
 

その役員は激怒し、1時間も説教してしまうということだった。

 
 

ただ相手は18歳。

 

役員は50歳。

 

親子レベルである。

 
 

まだ、大学生が会社役員の時間の価値観を理解することができるかは不明だが。

 

なによりも激怒するほうもするほうだなと。

 
 

理解するには経験が必要なのか。理解力なのか。

 

果たして男性側の傲慢なのか。

 

彼女達にとっては割りのいいバイトであるかもしれないが、わきまえてくれる女の子はやはり好感度が高いのは事実。

 
 

女性は女性で

 

嘘でもいいから

 

「貴方の時間の価値観を理解できてなくてごめんなさい」

 

に似た一言があるだけでも違うんじゃないかと思う。

 
 

男性は男性で

 

傲慢な態度は相手が怖がる場合もあるから、

 

心広く保ちつつ

 

「こういうのは今のうちに治しときなよ?後で困るよ。癖付くと」

 

と諭して言うくらいがいいし。まず待ち合わせ時間に遅れるようなタイプなら切るか、待ち合わせ時間を早めに設定するのがいいかもしれない。

 
 

継続している女性は

 

何故か遅刻はない。(人身事故などの遅刻を除く)

 

理解力がいいのか。

 
 

待ち合わせ場所は本屋にしたりすると

 

たとえ時間遅刻してもじっくり時間潰しやすい。

 
 

まず、女性も仕事してたりするし遅刻は大目に見るようにしてます。

 

臨機応変に。

 
 
 

シゾン


毎週土曜日はファミリーデー

今からインテリアと服を見に行きます。

 

娘の運転手として。

 
 

嫁はお友達とお出かけである。

 
 

娘がバイトしたお金で買いたいものがあると言い出し車を出すはめに。

 
 

娘がドラマ『パパ活』を見ていたらしく、

 

「あ、渡部篤郎さんならいいなぁ。」

 

と言い出していたのだが。

 
 

娘と歩いてたら、そもそもパパ活のパパに見られてしまいそうだが。

 

親子だ。れっきとした親子。

 
 

助手席を見たら、今日の娘の服装は単純にパパ活してる女の子みたいな服装だから余計にだ。

 
 

あと、ユニバース倶楽部の女の子と会ってるせいか

 

女性のブランドに詳しくなってる自分がいる。

 
 

うむ。

 

娘とは仲がいいほうなんで、色々流行りを聞いて日々勉強である。

 
 

シゾン


他人に喜ばれること。

他人に喜ばれることはとても嬉しい。

 
 

ユニバース倶楽部に貢献が出来てしまって、随分とステマ扱いされてきたんだが、

 

実際色々な相談を受けてお話していると…さまざまな悩みがあるみたいですね。

 
 

皆さん悩みは尽きないもんで。

 
 
 

男女共に特に一番の質問は…「お金」です。

 
 
 

答えがないもので、人それぞれが正解なんだが。

 

やはり

 
 

シゾンさんのおかげで

 

いいパパに会えましたとか、

 

とびっきりのいい女子に会えましたとか。

 
 

このブログみてよかったという嬉しい感想貰えると嬉しい。

 

仕事で社員が成功を掴んだくらいの喜びはある。

 

嬉しいです。

 
 

またメッセージください。

 

(未だ返信できてない方すいません。順次返していきます…気長にお願いします。)

 
 
 

シゾン


騙すなら騙し続けて欲しい男心。

価値を見出すためにできること。

 
 

それは「騙し」。

 
 
 
 

大体会った女の子のお手当の平均は「4か5」くらい。

 
 

高い子は高いけど。

 
 
 
 

でも中には外見や性格とお手当が見合わないような女の子だっている。

 
 
 
 

2時間ちょいで見分けるのは難しいもので、だから初日は何もしないでいることが一番。

 
 
 
 

ガツガツ系は自分から誘う

 
 

→本当にお金に困窮しているんだろう。

 
 
 
 

誘われなくて良かったと安心する

 
 

→交際タイプ詐欺?という疑いがあるが、好感度は上がる部分もある。

 
 
 
 

飲んでる時から甘えてくる

 
 

→慣れてる感満載?という疑いがでる、嬉しい人には嬉しい。

 
 

でも本心は、パパ活で稼ぎたい気持ちが高いんだろうねと又々疑う。

 
 
 
 

疑ってばっかりだが、やはり女性の心情を推理するのもある種の楽しみでもある。

 
 
 
 

騙すなら騙し続けて欲しい男心。

 
 
 
 

シゾン


ユニバース倶楽部でハズレをひかないコツ

ユニバース倶楽部って意外に会員数は日々増えていて、1週間くらいしたら1ページ目が入れ替わるくらいの多さなんだけども。
東京は。

自分の好きなタイプで絞ってみたうえで、

4人くらいに厳選した上でスタッフさんにどういうタイプかを聞いてみる。

これが1番の近道。

ある程度聞いた上で自分の中で順位を決めてオファー。

面接担当したスタッフさんでオファーするのもいいかもしれない。

面接担当スタッフの名前で検索してみて、三人くらいオファーすると、その担当者さんが連絡してくれたりする確率は高くなるもので。

やはり自分たち男性会員は写真と動画でしか判断つかないもんだから。とんでもないのに打ちあたる可能性は必ず起きる。

そうなる前に相談するしかない。

聞いちゃいけない内容があるみたいだけど、

最初に自分からNGな女性のタイプを伝えておけば、その内容に該当する人は無理には会わせないようにしてくれる…はず。

ブラックだからという特別扱いなんてないだろうけど。

ミスマッチしたときはやっぱり悲しいが、それもまた運命と思うしかないけれど。 

あんだけ聞いておいて相性があわないのはあるし、男性の前では豹変する女性はいっぱいいるもの。

まず、オファー前の相談は毎度して、スタッフさんを困らせてしまってる。

ハズレたときはハズレで自分に見る目がなかったと思うしか無いので、そこは甘んじて受けましょう。

そんなハズレも笑い話に出来るようにネタ作りオファーもいいかも。

シゾン


交際クラブに不安が強い男性へ。

男性の方からの連絡が日々きている。

すいません、返事返したいんだけど…本業が忙しくて。

しっかり返事しますからお待ちください。

大丈夫なの?交際クラブ。

って言うのと、

お手当についての質問が多いかも。

焦りは禁物なんで、まずは先人に聞いた方がいいですよ。

失敗談は腐るほどあるんで。

自分もあります。失敗談。

失敗を繰り返して今に至る…

なんだか交際クラブの女性をみつけていくのと、

ビジネスって一緒ですね。

って言い聞かせてる自分がいる。

シゾン


合コンをしよう。

合コンをしよう。

いい歳した私シゾンと、役員3人。

計4人と、ユニバース倶楽部の女子4人。

合コンを開催予定。

交際タイプBで、ブラッククラスで。

ただ食事だけなんだが、役員3人は既にユニバース倶楽部に登録済み。

ただ、セッティングが被ってないか。

とってもきになるところ。

「え、社長もオファーしたんですか?」

とか面白い結果になるかもしれないので、4人で会議をしなければいけない。

仕事終わりに緊急会議。

なんだかドラフト会議みたいだ。

また合コンのセッティングが終わったら報告します。

シゾン


心霊現象と、会う度に恋してしまう新鮮さを感じさせる魔 力。

かなり前の話だが、のぞみちゃんと二泊三日の旅行をしたことがある。

嘘みたいな本当の話。三流な恐怖体験です。

全てのぞみちゃんが今回旅行計画を用意してくれた。

宿泊ホテルや食事の場所まで。

「いつもシゾンさんには奢ってくれたりしてるから今度は私が。」

彼女も仕事の休みを使ってくれて、2人の旅行をということだ。

あぁたまにはこういうものも良いものだと。

そう思い、待合せの駅に到着し、あきらかに田舎のほうに行く。

胸騒ぎはしていた。

ただ、行ったところが場所は言えないが明らかに心霊スポットに使われるだろう民宿。一ミリも豪勢なホテルではない。

その民宿の主?みたいな80歳くらいのお婆さんが背中を丸めて出迎えてくれたが、あきらかに影が薄い。

19時には夕飯を用意された。

魚がうまいといわれる土地柄なんで、美味しい。

でも格別美味いというわけではなかった。

自宅の風呂よりもせまい昔ながらの風呂に入り、さぁ寝ようとした。

いつもなら、イチャイチャするような気持ちだが、なにか誰かに見られてる感じがしてその気にもならない。

なにかあるかな?

と疑問に思いながら瞼を閉じた。

丑三つ時にいきなり目が覚めた。

案の定、金縛りに遭う。身体がうごかない。

霊感が強いわけではないが、

視界がまだ動くので左隅をみると、のぞみちゃんではない誰かがすごい眼差しで立ちすくみ、こっちをみてる。

まぁ、そんなこんなで寝不足なままで7時を迎えた。

「ここにいちゃまずい」

と朝歯磨きをしているのぞみちゃんに言うと。

「え?なんで?」

とキョトンとした顔。

「本能がここにいちゃいけないと思ってる。」

と伝え2人で帰り支度。

結果2日目は計画変更で大きな旅館に宿泊。

1日目に行った民宿の話をしたら、旅館のスタッフが驚いた顔で

「あそこ、有名なところですよ。」

と。

のぞみちゃん。どうして予約したの?って聞いたら

「シゾンさんは、いつも綺麗なとこや高くて美味しい食事を用意してくれるんだけど、安くていいとこだってあるっていうのをわかって貰いたくて選んだら、とんでもない場所を選んでしまったというオチです。」

とニコニコしながら滑舌良く話してくれた。

意外にお互い知らない場所は好きで、

のぞみちゃんは知らない場所だと都内では繋げなかった手を恋人繋ぎのように繋いでくれる。

知らない土地を散歩したりするだけ。

ノスタルジックな気持ちになり楽しい。

観光名所には行くと、古帯びた立て看板の歴史情報を読み込む。歴女ほどではないが、寺や神社にいくと古いものが好きらしい。

商店街らへんにくると、昔ながらのお肉屋さんを見つける。のぞみちゃんは

「ハムカツ食べていいですか?」

とハムカツを二つ買い、一つを自分に渡す。

半端なく美味しい。

なんだこれは。

ハムカツ50円。

安くて済むデートだな。と思いながらも、

この子の惹きつけるものはなんなんだろう?

と思った。

二泊三日だったので、

ありがとうの意味を込めていくらか渡したが、こんな貰えないと突き返された。

それは良くないよ、楽しかったんだからと渡し返す。

金にがめつくないし、

あぁ、疑似恋愛とはいえ別れたらショックだなと思わせるのは何か天性のパパ活女子なんだと思ってしまう唯一無二の存在で、この子以上にいい女子はまだ見つからない。

年月が経過すれば、人は変わるもんだが変わらない子もいて、贅沢は言わないし、時間を無駄にさせない。

会っている間は恋人のように接してくれるから。

あと特殊ケースのような女性なんで、毎度毎度新鮮にしてくれる。毎度会うたびに恋をしてしまうんだろう。

シゾン