今年初セッティング。

土曜日は家族サービスな日なんだが、今日はフリーで過ごす。

 
 

嫁とも

 

「おたがいやりたいことをやる日をつくろうね」

 

とも以前から話していたので。

 
 

そうすると、自分がやることは一つ。

 
 

まずかなり前に会社でユニバース倶楽部の会員画面をじっくり見る。

 
 

ある女性に目がいき、早速オファー。

 
 

日にちがないのだが、スタッフさんも年末年始でバタバタしているなか女性と連絡してすぐ取り付けてくれた。

 
 

で、今日ディナーセッティング。南青山にある和食屋さん。知り合いの店なんで個室も予約。

 
 

昼間は継続女子とのデートたのしんできます。

 
 
 
 

シゾン


初詣。

のぞみちゃんの結婚式は四月だそうです。

 
 

仕事始めは本日からでして、

 

クラブ用携帯は会社においておいたので継続女子たちからのラインがすごい溜まってました。

 
 

新年の年賀状という文化はまだまだ続いてますが、のぞみちゃんからはラインであけましておめでとうのご連絡。

 

年賀状だと、喪中などもあわせて対応できるんですが。

 

喪中の女の子もいるし、無闇矢鱈に「明けましておめでとう」と言えないのがラインであるとおもうので。

 
 

結果

 
 

「今年もよろしく」

 
 

しか言えないのが実情かなと。

 
 

のぞみちゃんからは、少し時間は先になるけど初詣行きませんか?

 
 

との希望が。

 

おみくじを引きたいみたいです。

 

結婚してもなおパパ活にはげむのぞみちゃん。

 

素晴らしい。

 
 
 

シゾン


2019年あけました。

海外での年越しをしてしまい、結果さみしい思いをしてしまったシゾンです。

 
 

海外事業もうまく形になり、さらなる飛躍になるとは思いますが、それよりも何よりもプライベートが楽しくなければ話にならない。

 
 

そんなプライベートも、沢山の継続女子がいます。

 
 

帰国した際にはどんなエピソードがあるか…

 
 

2019年はしっかりブログを書いていきます!

 

よろしくお願いします。

 
 
 

シゾン


今日までブログ更新ができなかった理由。

簡単に申し上げますと。

 
 

海外での仕事があり、ブログどころではなく。

 
 

日々海外事業に追われてる始末。

 
 

おかげさまでなんとか落ち着いてブログをかけます。

 
 
 

ご心配をおかけしました。

 
 
 

シゾン


30歳も上の男に対し何を思うか?

20代の女性にオファーをする時点で周りから見れば

 

「単なるロリコン野郎」

 

というのが世間の常識であろう。

 
 

交際クラブは条例に基づいているんで法に守られている。

 

交際クラブは治外法権ではないし、

 

30歳差なんて普通だし、

 

50代の男性が、20代にオファーするなんて日常茶飯事。

 
 

ただ、

 

女性からしたら

 

「こんな人と歩いていたら周りになんて思われるか。」

 

である。

 
 

何を隠そう見た目が明らかに輩に見られる自分としては…

 

一緒に歩く女性が可哀想だから、店内で解散も。

 
 

一度知り合いが、自分と綺麗な女性を見たという目撃証言が来たのがキッカケだが。

 
 

一緒に歩くことはハードルが高いし求めていないんだが、

 

恋人気分を味わうなら、だいぶ先になるだろう。

 

旅行に行くときは、知らない土地だと羽を伸ばせるし。

 
 

食事で全てを見通すと。無駄な時間もお金も防げます。

 
 
 

シゾン


楽しくないのに月額50。

以前セッティングをした女子からラインが来た。

 
 

「月額50万」

 
 

をご希望でした。

 
 

不思議なもので、あんまり驚かない。

 
 

食事をした際に話をしたが、一緒にいて一ミリも楽しいとも思えなかった女性が

 
 

50万

 
 

をご提示。

 

自分の価値にはそれくらいあると思ってるんだろう。

 
 

多分他のパパと呼ばれる方々が甘やかしているのか?

 

ここまでくると、なにを考えているのかも解らない。

 
 

セックスに対しての対価なのだろうか?

 

50万という金額に見合うほどのポテンシャルが高いのか?

 
 

とは言っても、付き合うことはないし。

 
 

大体が「食事」で色々わかる。

 
 

交際クラブに入って3年以上経過してしまってはいるが、正解なんてないもので、使えば使うほどに混乱してしまう。

 
 
 

そういえば、

 

のぞみちゃんの式に参加することにしました。

 

まだまだ先ですが。

 
 

シゾン


セッティング料120万円の女性と、セッティング料5万円の 女性の違い

ある筋の個人で紹介業をしている人は

 

1件のセッティングの単価が120万〜で行う。

 

ただ芸能界に精通した人間だからこそだが、希望を言えば出来ない女性はいないというほどである。

 

300万の女性がいるほどらしい。

 
 

しかしながら、

 

その女性と会っても、芸能人という感覚は無い。

 
 
 

ただの20代前半の女の子だ。

 
 
 

芸能人はテレビに出ていたり、メディアというフィルターを通すことで芸能人なんだから。

 

別に個人的に会えばなんてことはない、ただのオシャレ好きな女の子である。

 

100万以上の金額をかけて、個人的に会う楽しさ。

 

見出せないでいる。

 

そして、お手当も尋常じゃない金額を要求する

 

「わたしにはその価値があるから」

 

と言わんばかり。

 
 

そんな女性よりも

 

ユニバース倶楽部のセッティング料の方が楽しく過ごせる。

 

ど素人な女性と会えるし。

 

コスパは明らかに芸能人を扱っている紹介をしているところより良いもんだ。

 
 

継続するかしないか…そんな風に迷っていたら

 

簡単に女性から

 

「次いつ会えますか?」

 

と連絡がくる。

 
 

自分から連絡を取りたくなるというような女性。

 

少ないなぁ。

 

パンチが足りない。

 
 

っていいながら

 

交際タイプB狙いで過ごすシゾンでした。

 
 

シゾン


ふと見て可愛いな…数時間後消える。

シゾンです。

 
 

日々忙しい中で会員画面は必ず見る。

 
 

「この女性可愛いな」

 
 

と思いつつ、打ち合わせなどがあり…オファーが出来ないまま数時間経過して、落ち着いたので再度会員画面みたら…

 
 
 

「いない」

 
 
 

やはりオファー殺到したか?

 

と思い恐る恐るスタッフさんに聞いたら…

 
 
 

「退会されました」

 
 
 

という話。

 

アップされて四時間程度で辞める!?

 

事情は色々あるもんだなぁ。

 
 

いいと思ったらすぐにオファーしよう。

 
 
 

シゾン


ママ活は必然的に。

パパ活が流行っている前から

 

ママ活がでてきたのは間違いないし。

 
 

ママ活は必然的に現れた気がする。

 

ただ、前からもメンデリでイケメンを買う女性がいたことはあったんだし。

 

LGBTにおける活動だって確実にできている。

 

レズ活・ゲイ活。

 

偏見なんて一ミリもない。

 
 

男と女という性別は、片方がなにかを生まれたら片方も同様の動きを示す。

 
 

ただ、年齢の問題なんだろうなと思う。

 

17歳の高校生が未成年が問題だっただろうが、

 

まずパパ活するママ活する側の人間にとってはリスクはデカすぎるだろう。

 

イマジネーション能力があれば、こんな報道もされやしない。

 
 

まず、交際クラブにいる男性も女性も想像力を働かせないといけないんだが。

 

スタッフにもよろしくおねがいしたいもんだ。

 
 
 

シゾン


のぞみちゃん。どうかしてる。何故?何故なの?

のぞみちゃん。

 

結婚はめでたいんだけど、

 

頭おかしくなったのか?

 
 

という出来事がありました。

 
 

いつも使用しているクラブ用携帯にのぞみちゃんから連絡が来た。

 
 
 

「シゾンさん、結婚式きますよね?」

 
 
 

…ん?

 
 

この子バカなの?

 
 

かなり仲は良いとは言え…パパを披露宴に呼ぶのはよくないぞ?!

 
 
 

来る前提の言い方だし。

 
 
 

何故パパを呼ぶ?

 

いや、そりゃ実の親以上に接してたのは解るよ。

 
 

呼ばないだろ!

 

…なぜ!?

 
 

どうかしてる!

 
 
 
 

うちの役員が集まり、

 

ユニバース会議をした際に役員達の意見を聞いたら…

 
 
 

「めちゃくちゃ面白いから、出席しましょう。」

 
 
 

との満場一致の意見。

 
 

うちの役員達は皿にバカなんだとおもいます。

 
 
 
 

のぞみちゃん。

 

から

 

なぞみちゃん。

 

に変わりました。

 
 
 

あと、多分…

 

ウエディングドレスみたら…

 
 
 
 
 

泣きます。

 
 
 

娘はまだ結婚してない歳だが。

 

多分なぞみちゃんは…長女のような感覚なんだな。

 
 
 
 

シゾン